家庭教師は1対1


学校の授業とは別に、塾に通ったり、家庭教師についてもらったりして学習をする学生は多くいます。 テストや受験の対策から、苦手の克服、ふだんの授業の理解を深めるためなど、目的は学生によって違いますが、そもそも、学校の学習に加えて塾や家庭教師をつけることにはどのような効果があるのでしょうか。 ここではとくに学校での学習と家庭教師をつけての学習の違いや、家庭教師をつけるメリットについて解説します。


まず、学校はクラスごとに学生がまとまって指導を受けることに対して、家庭教師は一人の学生に対して一人の先生がつきます。 このマンツーマンの授業が、学校の授業との最大の違いであり、家庭教師のメリットといえます。 学校では大勢の生徒が平等に授業を受けることができますが、個人的な悩みや要望にはあまり対応することができません。


たとえば苦手があっても個人授業はできないし、個人にやり方を合わせることは難しいでしょう。 しかしながら、家庭教師であれば生徒は自分だけになるので、授業をカスタマイズすることが可能です。 苦手な英語に集中したり、テストに出るところを集中復習したりすることもできます。このことにより、ふだん学校で積極的に質問できない生徒や、苦手分野がある生徒の学習をカバーすることができます。 ここまででわかるのは、学校の授業は学習の基本を学ぶ場所であるのに対して、家庭教師の授業は学校の授業を補完する役割があるということです。 学校の授業はもちろん大切ですが、その授業をよりよいものにするための補完学習として、家庭教師の授業があります。