先生を選べる


学校には各科目にそれぞれ担当の先生がいますが、これらの先生がたは学校にやとわれ、学生たちにそれぞれの科目を指導してくれます。 しかしながら、最初から担当するクラスや学年は学校によって決められていて、先生も生徒も、お互いを選ぶことができません。 ところが家庭教師は、こちらから企業や個人を選び、依頼をします。 もし合わないと感じたら契約をやめ、先生を変更することもできます。


つまり、自分に合った先生を自らで選ぶことができます。これが2つめの違いです。 先生を選べるということは、もちろん合わなかったり、思っていた先生と違ったりということもあるかもしれません。 しかし、学校とは違うタイプの先生を選ぶこともできるため、学習に大きな変化をもたらすことができます。 たとえば、家庭教師として勤務している層は、大学生や比較的年齢が若い人が多いということがあります。 これは、学校の先生に比べてお子さんと年齢が近い人が多いことを意味しています。


また、学校のようなかっちりとした教育現場ではないため、距離感が近く感じられる先生もいることでしょう。 こうした先生たちは、子どもたちと距離をつめて勉強を教えてくれることがあります。 これによって、勉強に苦手意識を持つ子どもの負担を減らせることもあるでしょう。 また、年齢が近ければ、学校や友人の問題などの悩みも打ち明けやすいかもしれません。 学習面だけでなく、メンタルの部分もカバーしてもらえるのであれば、子どもたち、そして親たちの強い味方になります。 ほかにも子どもの志望校に通っている先生や数学が得意な先生など、具体的に希望しているポイントがあるのであれば、そこに目的を絞った先生を選ぶこともできます。




◎PICK UP
家庭教師をつけて学習するメリットがわかっていただけたと思いますが、これから家庭教師をお願いするには評判のいいところです。 ⇒⇒⇒ 家庭教師 学習